カベルタは世界中で選ばれているジェネリックED薬

カベルタという名前を聞いたことがある方も多いことでしょう。
ED治療薬としては最も知名度が高く、先駆者として名を馳せるバイアグラのジェネリック医薬品と言えば、女性の皆様にも分かりやすいことでしょう。
このジェネリック医薬品は、インドに本社を置くRanbaxyLaboratories社が、製造を行っています。
カレーやボリウッド映画でお馴染みのインドは、今やジェネリック医薬品の一大生産地として知る人ぞ知るメッカになっている国です。
最大手であるRanbaxyLaboratories社は、世界7カ国に生産工場を展開し、品質や技術力には定評があります。

同社が手がけるジェネリック薬は、120カ国以上で認可され販売活動を行っています。
2008年にはわが国の第一三共薬品が5000億円で買収し、このほど、やはりインドの大手製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズに売却されるニュースで賑わっています。

カベルタの有効成分は、バイアグラと同じシルデナフィルです。

シルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として用いられていましたが、処方した患者の陰茎が、血流の増大により大きく硬く膨張するという、勃起作用に大きな効果が見られました。
この現象に端を発し、研究開発が重ねられ先発薬として登場したのがバイアグラです。
クエン酸シルデナフィルという成分は、血管を拡張させ血流を促進させることから、単なる勃起不全だけでなく、勃起時間が継続せず中折れしてしまう症状や、いわゆる早漏といわれる現象、勃起の硬度などの問題の強い味方になってくれます。
服用後、30分から60分程度で効果があらわれ、持続時間は4.5時間程度が通常です。
服用者の性的な欲求や関心に比例するように効果が現れることから、心因性の勃起障害には効果が現れないこともあるようです。
またカベルタはバイアグラと同様、食後やアルコール摂取後には効果が得難いといわれています。
服用は必ず、食前でアルコールを飲んでいない時を選びましょう。

またカベルタを飲み続けていくと、体内に耐性が生まれ、効かない身体になってしまうというようなデメリットはありません。
バイアグラの1/6から1/10という手に入れやすい実勢価格で購入されています。
性欲さえあれば、恐れなく服用し、失われていた性生活を取り戻すことができるジェネリック薬品なのです。
但し、重度の肝機能障害の持病を持つ男性や、硝酸剤や、一酸化窒素供与剤を服用している男性はカベルタを服用することはできません。
まず、持病を治癒してからという話になります。

また、服用することで陰茎だけでなく全身の血流が促進される効果を持ちます。
そのため顔がほてったり、鼻粘膜の充血で鼻が詰まったりすることもあります。

消化器官への血液の流入増大で活動が活発化し、胃や腹部に違和感が現れるといった副作用や、偏頭痛を呼び起こす事例も報告されています。
服用後は、自動車の運転も控えるべきでしょう。

Comments are closed.