カベルタは心因性のEDの方も一度は試す価値のある治療薬です

ED(勃起不全)は男性にとって大変深刻な悩みですが、その原因は様々であり、原因を特定する為には専門的なカウンセリングが必要となる事があります。
というのは、肉体的な要因でEDになるケースの他に、精神的なダメージを受ける事でEDを発症するケースも増えており、カウンセリングを受ける医師の側にも、多様化するEDの要因に対する知識が必要になって来ているのです。
特に、ストレスやトラウマはEDを引き起こす要因になりやすいと言えます。
例えば、社会生活で受けるストレスは精神だけでなく肉体にも大きな影響を及ぼします。
一見性行為とは無関係に見える様な仕事上で受けるストレスも、EDの原因となる場合があります。
中でも無力感を感じてしまう様な出来事は、自信の喪失に繋がってしまい、EDの原因となりやすい様です。
また、セックスに対するトラウマがEDの原因となるケースも多く見られます。
例えば初体験で失敗した経験が元でEDになってしまったり、セックスは不潔なものだと感じてしまってEDになる方もいらっしゃる様です。
男性にも性に関して非常にデリケートな考え方を持っている人は多く、そのデリケートさがEDに繋がってしまう事もしばしばあるのです。
さてEDと言えば、その解消に役立てられているのがED治療薬です。
バイアグラを始めとするED治療薬は、ペニスを勃起しやすい状態にしてくれる効果を持っています。
EDの方の多くは、cGMPという神経伝達物質の分泌量が低下している事がわかっています。
cGMPは陰茎の平滑筋を弛緩させて、陰茎に血流が流れ込み易くする働きを担っています。
この働きにより、ペニスは勃起を保つ事が出来るのです。
ただ、このcGMPは年齢と共に減少してしまいます。
つまり、年齢と共にペニスは勃起しにくくなってしまうのです。
年齢別に見ると40代以上の方にEDの症状を持つ方が多いのはこの為です。
ED治療薬の主成分であるシルデナフィルなどは、cGMPが働きやすい状態を整える効果を持っており、特に加齢によるEDに対しては大変効果があるとされています。
こうした説明を見ると、ED治療薬は心因性のEDには効果がない様に思われるかも知れません。
しかし、ED治療薬が勃起を促進させる効果は大変強いので、心因性のEDの方も正常なセックスが出来る確率は高くなります。
治療薬の力を借りて何度かセックスに成功するうちに、やがては治療薬無しでもセックスする事が出来る様になる可能性があると言えます。
ですので、心因性のEDの悩みを持つ方にもED治療薬は有効だと言えるのです。
さて、ED治療薬は高額であるという印象をお持ちの方も多いと思います。
しかし、海外にはカベルタ等のバイアグラ・ジェネリックが存在しています。
心因性のEDを抱えている方の中には、高価なバイアグラを買っても自分に効果があるかどうかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。
バイアグラのジェネリックであるカベルタなら、バイアグラの6分の一程の値段で購入出来ますし、効果はバイアグラとほぼ同様です。
10錠入りで2,100円程で購入出来るので、一度ED治療薬を試してみようという方は、カベルタを試してみると良いでしょう。

Comments are closed.