個人輸入で日本でもお求めやすい価格で手に入れることができるカベルタ

カベルタは、男性の悩みでもED治療に効果がある薬品の一つです。
ED治療で名高いバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルという成分を含んでいるため、その効果もほぼ同じとなります。
そのため、世界でも120カ国を超える国で販売されており、高い信頼性と実績もある薬剤です。
製造は、インドのランバクシーというジェネリック専門の大手の製薬会社で、バイアグラのジェネリック医薬品でもあるため、その純正品よりも6割から8割ほどの安い価格で手に入れることが可能です。
ただ日本国内では2014年に認可される予定で、現在はまだ認可されていないため、個人輸入でしか手に入れることができません。
カベルタの効果はバイアグラとほぼ同じですが、製法が若干違うため、持続時間や効果が現れる時間等が微妙に違ってきます。
ただ勃起する時の障害物質である5型ホスホジエステラーゼという酵素PDE-5の働きを抑えることで、ペニスの海綿体に流れ込む血流量を増やして、勃起しやすくするという作用は同じです。
しかも3時間から5時間は勃起状態をキープできることで、その間な何度でも性行為を行うことが出来ます。
催淫作用や興奮させる作用があるわけではないため、ペニスを勃起させるための性的興奮や刺激等は必要です。
使用方法としては、バイアグラの服用と同じで食事の後だと成分の吸収力が落ちてしまうので、食前や空腹時に摂取することが肝要です。
またアルコールと一緒に摂取することは禁止となり、副作用を助長させる可能性が高まります。
大体、性行為を行う1時間前にカベルタ1錠を水と共に飲むと良いです。
服用前には医師の指導を仰ぎ、他の薬との飲み併せにも注意をする必要があります。
カベルタのラインナップとしては、25mg、50mg、100mgの錠剤がありますが、バイアグラでも50mgまでしか日本では認可されていないため、100mgの錠剤を飲む上では、半分に割って飲むのが好ましいです。
用法や用量を守れば副作用は少ないですが、それでも幾つか副作用があります。
主な副作用としては、頭痛、のぼせ、吐き気、腹痛、消化不良、血圧の変化等です。
また潰瘍からの出血、網膜異常、頭部及び胸部の拍動感もあります。
これらの症状は一時的である場合も多いですが、長時間状況が改善されない場合は、医師の診断を仰ぐ必要があることは言うまでもありません。
使用上の注意には、未成年者や女性は服用することが出来ず、服用間隔を24時間以上空けることです。
服用後は自動車の運転や危険な機械等の運転を避けた方が無難となります。
服用してはいけない人は、ニトログリセリン・亜硝酸アルミ・硝酸イソソルビドなどの一酸化窒素供与剤を服用している方、過敏症、心血系障害をもたれている方、高血圧・低血圧の人、6ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を経験した人等です。
その他、重度の肝硬変や進行性の夜盲の症状がある人も服用してはいけません。
日本では2014年に認可されれば、バイアグラの初のジェネリック医薬品として人気が出て評判となりそうな勢いです。

Comments are closed.